シニア犬の感覚の衰えとその対策: 愛犬の快適な老後をサポートするために

query_builder 2024/06/05 シニア犬
この記事では、シニア犬の感覚の衰えについて詳しく解説します。その対策やサポートの方法も具体的に説明し、あなたの愛犬が快適に過ごせるよう助けるための情報を提供します。

Dog care house ふみちゃん家

ロゴ

埼玉など、千葉周辺にお住いの飼い主様にも老犬ホームをご利用いただいております。高齢で面倒を見れなくなった、出張で家を長期間空けるから預かってほしいなど、さまざまなご要望にお応えいたします。

Dog care house ふみちゃん家
住所:

〒270-0225

千葉県野田市平井188-19

電話番号:
0471-99-8453

導入: シニア犬の感覚の衰えとは

愛犬が歳を重ねるにつれ、体の機能や感覚が徐々に衰えてゆくのは仕方のない事だと思われがちですが、その対策は存在します。

感覚の衰えとは

シニア犬の感覚の衰えとは、視覚、聴覚、嗅覚などの感じ取る力が徐々に衰えていくことを指します。愛犬が歳を重ねるにつれて、体の機能や感覚も年齢とともに変化していくのは自然なことです。シニア犬の感覚の衰えは個体によって異なりますが、一般的には目や耳、鼻の働きが低下してしまう傾向があります。これに伴い、犬の日常生活に影響を及ぼすことがあります。

例えば、視覚の衰えでは、愛犬が物を見落とすことが増えたり、近づいてくるものに驚いて反応することがあります。また、聴覚の衰えでは、名前を呼んでも反応しないことや、突然の大きな音に驚いてしまうことがあります。嗅覚の衰えでは、食欲不振やフードへの興味喪失など、食事に関連する問題が生じることもあります。そして、バランス感覚の衰えによって、愛犬の歩行が不安定になったり、簡単な動きが難しくなることもあります。

シニア犬の感覚の衰えは、健康状態や犬種によっても異なるため、個々の愛犬に合わせたケアやサポートが必要です。定期的な健康チェックや獣医師の診察を受けながら、感覚の衰えに適切に対応することが大切です。愛犬が快適に暮らせる環境を整え、日常生活の中で感覚の衰えに対する工夫や配慮をすることで、シニア犬の質の高い老後をサポートすることができます。

シニア犬の感覚の衰えについて

シニア犬の感覚の衰えは、健康状態や個体によって始まる年齢や進行速度が異なります。一般的には、7歳を超えた頃から感覚の衰えを感じることが多くなりますが、犬種や遺伝的な要素によっても影響があります。また、犬の寿命が長い種類であれば、より長い期間にわたって感覚の衰えが進む傾向にあります。

年齢とともに感覚が衰える理由は、細胞や神経の老化によるものです。眼球の水晶体や角膜が濁り、視力が低下してしまったり、耳の中の毛細血管が退化することで聴覚が鈍くなることがあります。また、嗅覚の衰えは嗅覚受容体の老化によって引き起こされます。バランス感覚の衰えも、内耳や脳の老化によって起こることがあります。

シニア犬の感覚の衰えには、予防やケアの対策が存在します。定期的な健康チェックや獣医師の診察を受けることで早期発見が可能となり、適切な対策を講じることができます。また、食事には栄養バランスを考慮し、目や耳、嗅覚に負担のかからない食材を選ぶことが重要です。適切な運動やエクササイズもバランス感覚の維持に役立ちます。

シニア犬の感覚の衰えには、飼い主の理解とサポートが欠かせません。日常生活の中で犬の感覚に合わせた環境づくりや工夫をすることで、愛犬が快適に過ごせるように配慮しましょう。思いやりを持って愛犬と向き合い、早めの対策やケアを行うことで、シニア犬の質の高い生活をサポートすることができます。

視覚の衰え

一般的に犬の視覚は人間より劣るとされていますが、シニア犬はそれが更に衰えます。

視覚の衰えの症状

シニア犬の視覚の衰えは、日常生活にさまざまな影響を及ぼす症状が現れます。視覚の衰えが進むと、愛犬は物を見落としやすくなり、近づいてくるものに驚いてしまうことがあります。

まず、シニア犬の視覚の衰えの一つの症状は、物を見落とすことです。例えば、おもちゃを追いかける遊びが好きだった愛犬が、遠くにあるおもちゃを見つけられなくなったり、家の中での障害物を避けることが難しくなったりすることがあります。また、愛犬が反応するまで呼びかけることが増えることもあります。

さらに、近づいてくるものに驚いてしまうという症状も視覚の衰えによって現れます。シニア犬は、見える範囲が狭くなり、周囲の人や物に気づくのが遅くなることがあります。そのため、突然近づいてくる人や他の犬に驚いて怯えたり、身構えたりすることがあります。この症状から愛犬がストレスを感じることもあるため、飼い主は犬の行動を注意深く観察し、必要なサポートを提供する必要があります。

視覚の衰えが進むと、愛犬の世界が制約されたり、不安定になったりすることがあります。そのため、飼い主は環境の配慮が重要です。例えば、家具の配置を変えずに愛犬が安全に移動できるようにすることや、目線の高さに物を置かないようにすることが有効です。また、外出時にはリードを短くし、愛犬に近づいてくる他の犬や人に注意を払うようにすることも大切です。

シニア犬の視覚の衰えは避けられないものですが、飼い主の理解とサポートによって問題を軽減することができます。愛犬が快適に暮らせるように、視覚の衰えへの適切な配慮を行いましょう。

視覚の衰えへの対策

シニア犬の視覚の衰えに対する適切な対策は、愛犬が快適に生活できるように配慮することが重要です。以下に、視覚の衰えへの対策の一部をご紹介します。

まずは、愛犬の安全を確保するために、家具の配置変更を避けることが有効です。愛犬が通り抜ける場所や行き止まりの箇所に家具や障害物があると、視覚の衰えている愛犬がぶつかったり迷ったりすることがあります。家具の配置を変える際には、愛犬がスムーズに移動できるようにすることを心がけましょう。

また、愛犬の目線に物を置くという工夫も有効です。シニア犬は視力が低下し、目が濁って見えづらくなります。ですので、食事の飼い葉や水の入れ物、おもちゃやベッドなど、愛犬の日常的に使う物は、目線の高さに配置しましょう。これによって、愛犬は自分の物を見つけやすくなり、ストレスが軽減されます。

さらに、散歩時にも配慮が必要です。愛犬の視覚が衰えると、近くの物や障害物に対する認識が低下するため、外出時はリードを短めにし、愛犬にしっかりと近づいて歩くことが大切です。周囲の安全確認や他の犬や人との接触を避けるためにも、注意深く対応しましょう。

また、定期的な獣医の診察も視覚の衰えに対する重要な対策です。獣医師は視力検査や目の健康状態のチェックを行い、必要に応じて適切な治療や目薬を処方することがあります。定期的な診察を通じて、視覚の衰えに早めに対応することができます。

シニア犬の視覚の衰えに対する対策は、愛犬が快適に過ごせるように環境やケアを整えることがポイントです。飼い主の理解とサポートによって、視覚の衰えに伴う困難を軽減することができます。愛犬とのコミュニケーションを大切にし、視覚の衰えに適した環境を提供しましょう。

聴覚の衰え

シニア犬では聴覚もまた衰えていきます。

聴覚の衰えの症状

シニア犬の聴覚の衰えには、さまざまな症状が現れます。聴覚の衰えが進むと、愛犬は名前を呼んでも反応しない、周囲の音に敏感になる、大きな音に驚くなどの兆候が見られることがあります。

まず、一つの兆候として、名前を呼んでも反応しないことがあります。以前は愛犬が飼い主の声に敏感に反応していたのに、シニア犬になると名前を呼んでも無反応となることがあります。これは聴覚の衰えが原因で、声や呼びかけを聞き取りづらくなっていることが考えられます。

また、聴覚の衰えによって、周囲の音に対する過敏症状も見られることがあります。普通の音に対して過度に反応したり、音に驚いて身をすくめたりすることがあります。これは、シニア犬が高音や騒音に対して耳が敏感になっているため起こる兆候です。

さらに、聴覚の衰えによって大きな音に驚くことがあります。以前は普通に聞こえていた音が、急に大きな音として響くことで愛犬が驚いてしまいます。これは、シニア犬の耳の感受性が低下しているため、音の強さや音の方向をうまく判断できなくなっていることが原因です。

聴覚の衰えが進むと、愛犬の日常生活に影響を及ぼすことがあります。呼びかけに反応しないことや音に敏感になることがストレスとなり、愛犬の行動やコミュニケーションにも変化が生じるかもしれません。

シニア犬の聴覚の衰えに対する対策は、飼い主の愛情と理解が重要です。大きな音や高音を避けたり、わかりやすいジェスチャーや身振り手振りでの指示をすることが有効です。また、愛犬との絆を深めるために、特別な時間を設けて積極的にコミュニケーションを図ることも重要です。

シニア犬の聴覚の衰えは避けられませんが、適切なケアや配慮によって愛犬の生活の質を向上させることができます。飼い主の愛情とサポートを通じて、愛犬が快適に過ごせるように支えましょう。

聴覚の衰えへの対策

シニア犬の聴覚の衰えに対する適切な対策は、飼い主が日常生活で配慮することが重要です。以下に、聴覚の衰えへの対策の一部をご紹介します。

まずは、愛犬とのコミュニケーションを見直すことが大切です。耳が衰えてきた愛犬には、声だけでなくジェスチャーや身振り手振りなどの視覚的なコミュニケーションを取ることが有効です。例えば、名前の呼びかけに加えて手のジェスチャーを組み合わせることで、愛犬が指示を理解しやすくなります。

また、外部の音に対する愛犬の過敏さを考慮する必要があります。大きな音や高音を避けることで、愛犬のストレスを軽減することができます。例えば、花火や雷の音が予想される際には、室内に避難させたり、音を吸収するために部屋を静かな場所にすることが有効です。

さらに、愛犬との絆を深めるために特別な時間を設けることも重要です。視覚の衰えが進むことで、愛犬が不安を感じることが増えるかもしれません。このような場合には、日常生活の中で愛犬との絆を深めるために特別な時間を設けましょう。散歩やマッサージ、たっぷりの愛情表現など、愛犬が安心感を得られるアクティビティを取り入れてください。

また、獣医師の定期的な診察を受けることも重要です。聴覚の衰えを正確に評価し、必要な治療やケアの方法を知ることができます。獣医師からのアドバイスや処方薬の利用も、愛犬の聴覚の衰えに対する有効な手段です。

シニア犬の聴覚の衰えは避けられないものですが、飼い主の愛情と理解によって愛犬の生活の質を向上させることができます。コミュニケーション方法の見直しや外部の音に対する配慮、そして獣医師との協力によって、愛犬が快適に過ごせるようにサポートしましょう。愛情あふれるケアを通じて、シニア犬の健康と幸福を支えましょう。

嗅覚の衰え

嗅覚は犬にとって最も重要な感覚の一つで、食事の面でも影響が出ます。

嗅覚の衰えの症状

シニア犬の嗅覚の衰えには、さまざまな症状が現れます。嗅覚の衰えが進むと、愛犬は食欲不振やフードへの興味喪失など、食事にまつわる問題が主な兆候となることがあります。

まず、食欲不振が嗅覚の衰えの一つの兆候です。愛犬が以前に比べて食事に対して興味を示さなくなったり、食事量が減ったり、好きなフードを選り好みすることがあります。これは、嗅覚が鈍くなって味や香りを感じづらくなっているため、食欲が低下してしまうことが考えられます。

さらに、フードへの興味喪失も嗅覚の衰えの症状として現れることがあります。愛犬が以前は喜んで食べていたフードに対して、興味を示さなくなったり、飽きてしまったりすることがあります。これは、フードの香りを感じ取ることが困難になっているため、味わいや食欲を引き出すことができなくなっていることが考えられます。

嗅覚の衰えは、食事だけでなく愛犬の生活全般にも影響を及ぼすことがあります。例えば、愛犬が以前は楽しんでいた散歩中の嗅ぎ回りや、おもちゃやトイレの場所を見つけることが難しくなることもあります。嗅覚の衰えによって愛犬が情報を得る能力が減少し、新鮮な刺激を感じることが難しくなってしまいます。

嗅覚の衰えに対する対策としては、より香り高いフードやトリーツを用いることが有効です。食事の際には、愛犬が食欲を刺激するような食材や香りを多く含むフードを選ぶことが重要です。また、おもちゃやトイレの場所が変わっても愛犬が容易に見つけられるように、独特な香りを持つアイテムを使用することも考慮しましょう。

シニア犬の嗅覚の衰えは避けられませんが、飼い主の理解と適切な対策によって問題を軽減することができます。食事や生活環境の工夫を通じて、愛犬が快適に過ごせるようにサポートしましょう。愛情と配慮を持って嗅覚の衰えに対処し、愛犬の幸福な老後を支えましょう。

嗅覚の衰えへの対策

シニア犬の嗅覚の衰えには、飼い主が適切な対策を講じることで愛犬の生活の質を向上させることができます。以下に、嗅覚の衰えへの対策の一部をご紹介します。

まずは、より香り高く愛犬の食欲を刺激するフードを提供することが重要です。シニア犬の嗅覚が衰えることで食欲不振やフードへの興味喪失が起こる場合がありますが、香りの強いフードを選ぶことで愛犬の食欲を促すことができます。また、栄養バランスが整ったフードを選ぶことも大切です。

さらに、食事の際には愛犬が興味を持つような食材を用いることが効果的です。魚や肉の香りが強い主食や、フルーツや野菜の香りを活かしたトリーツを与えることで、愛犬の食欲を喚起することができます。また、食事の際に食材の温度や湿度にも注意し、食べやすさを確保することも考慮してください。

嗅覚の衰えによって愛犬が生活の中で重要な情報を得ることが難しくなるため、環境の工夫も重要です。例えば、おもちゃやトイレの場所を変える際には、特定の香りを持つアイテムを使用することで愛犬が容易に見つけられるようにしましょう。また、散歩時には新たな刺激を与えるために、香りの強い場所や自然の匂いがする場所への散歩を取り入れることも有効です。

獣医師の定期的な診察も嗅覚の衰えに対する重要な対策となります。獣医師は愛犬の健康状態や嗅覚の検査を行い、必要に応じて適切なケアやサポートを提案してくれます。定期的な診察を通じて早期発見や早めの対策を行い、愛犬の嗅覚の衰えに適切に対応しましょう。

シニア犬の嗅覚の衰えは避けられないものですが、飼い主の愛情と配慮によって対策できます。香りの強いフードや食材、環境の工夫、そして定期的な獣医の診察によって愛犬の生活の質を向上させましょう。愛犬との絆を深めながら、嗅覚の衰えに対する適切なサポートを提供しましょう。

バランス感覚の衰え

更に、シニア犬にはバランス感覚の衰えも見られます。

バランス感覚の衰えの症状

シニア犬のバランス感覚の衰えには、さまざまな症状が現れます。バランス感覚の衰えが進むと、愛犬の歩行に不安定さが見られたり、これまで簡単にできていた動きが難しくなることがあります。

まず、バランス感覚の衰えによって愛犬の歩行に不安定さが生じることがあります。以前はしっかりと歩いていた愛犬が、シニアになると足元がふらつきやすくなったり、転倒しやすくなったりすることがあります。バランス感覚の低下によって、愛犬の立ち上がりや階段の昇り降りなど、日常的な動作に不安定さが生じることが考えられます。

さらに、バランス感覚の衰えによって愛犬がこれまで簡単にできていた動きが難しくなることもあります。例えば、シニア犬はジャンプや飛び跳ねることが難しくなる場合があります。また、シニア犬が低い場所に降りる際に、後ろ足が滑ってしまったり、足を引きずったりすることも見られるかもしれません。バランス感覚の衰えによって、愛犬の身体のコントロールが難しくなることが考えられます。

バランス感覚の衰えに対する対策としては、日々の軽いエクササイズが役立ちます。バランス感覚を維持するために、愛犬に適度な運動をさせることが重要です。例えば、アジリティやトリック訓練など、地面との接触やバランスを必要とする運動を取り入れることが有効です。また、愛犬が安全に歩行できる環境を整えることも重要です。滑りやすい床や段差のある場所には注意し、必要に応じて滑り止めマットや手すりの設置を検討しましょう。

シニア犬のバランス感覚の衰えは避けられませんが、飼い主の配慮と適切な対策によって改善できます。適度な運動や安全な環境の提供を通じて、愛犬が快適に歩行できるようサポートしましょう。愛犬とのコミュニケーションを大切にし、健康と安全を守るための対策を積極的に行いましょう。

バランス感覚の衰えへの対策

シニア犬のバランス感覚の衰えに対する適切な対策は、飼い主が愛犬の健康と安全を考慮しながら行うことが重要です。以下に、バランス感覚の衰えへの対策の一部をご紹介します。

まずは、日々の軽いエクササイズが役立ちます。愛犬のバランス感覚を維持するために、日常的に適度な運動を促すことが大切です。散歩や軽いストレッチなど、身体を柔軟に動かす活動を取り入れましょう。ただし、運動の強度や種類は個々の愛犬の能力に合わせて調整し、無理のない範囲で行うことが重要です。

また、安全な環境を整えることもバランス感覚の衰えに対する有効な対策です。滑りやすい床の上では滑り止めマットを敷く、階段には手すりを設置するなど、愛犬が歩行する際の安定性を確保しましょう。また、身体への負担を軽減するために、犬用の段差用ランプやスロープを導入することも考慮してください。

バランス感覚の衰えによって愛犬が困難を抱える場合には、獣医師の診察を受けることも重要です。獣医師は愛犬のバランス感覚の状態を評価し、個別に適切なアドバイスや治療方法を提案してくれます。定期的な健康チェックや獣医師のフォローアップを通じて、バランス感覚の衰えに早めに対応しましょう。

シニア犬のバランス感覚の衰えは避けられませんが、飼い主の愛情と配慮によって質の高い生活をサポートすることができます。適度な運動と安全な環境づくりを通じて、愛犬が快適に歩行できるように助けましょう。また、定期的な獣医の診察を受けることで、早期発見と適切なケアを行い、愛犬の健康と幸福をサポートしましょう。

心理的な影響

感覚の衰えは、シニア犬の心理にも影響を及ぼします。

心理的な変化

シニア犬のバランス感覚の衰えが進むと、さまざまな心理的な変化が見られることがあります。バランス感覚の衰えによって愛犬が歩行に不安定さを感じたり、いつもより動きにくさを感じたりすることで、ストレスや不安感が増すことがあります。

一つの兆候として、バランス感覚の衰えによる不安定な歩行によって、愛犬がストレスを感じることがあります。以前は自信を持って歩いていた愛犬が、バランスを取りにくくなり、躓いたり転倒しやすくなったりすることで、不安を抱えることがあります。

また、バランス感覚の衰えによって、これまで簡単にできていた動きが難しくなる場合、愛犬は動きにくさを感じることがあります。例えば、ジャンプや飛び跳ねることが難しくなると、愛犬は元気な表現や活発な行動が制限され、やる気を失ってしまうことがあります。このような心理的な変化が起こることで、愛犬の活発さや陽気さが薄れることが考えられます。

このような心理的な変化に対処するためには、飼い主の愛情と理解が重要です。バランス感覚の衰えによって心理的な変化が生じても、愛犬とのコミュニケーションを大切にしましょう。愛情表現を丁寧に行うことや、リラックスできる環境を整えることで、愛犬のストレスを軽減することができます。

また、安心感を与えるための環境作りも重要です。快適な寝床や犬用の階段、安全な散歩コースなど、愛犬が安心して行動できるように工夫しましょう。また、愛犬との特別な時間を設けることも効果的です。愛犬との絆を深めるために、ゆっくりとしたマッサージや穏やかな散歩を取り入れることで、リラックスさせることができます。

シニア犬のバランス感覚の衰えに伴う心理的な変化は避けられませんが、飼い主とのコミュニケーションと安心感を与える環境づくりによって、愛犬の心の健康をサポートしましょう。バランス感覚の衰えにも寛容に向き合い、愛犬が穏やかで幸せな日々を過ごせるように支えましょう。

心理的なサポート

シニア犬の心理的な変化に対するサポートは、愛犬が安心して暮らせる環境を提供することが重要です。以下に、心理的なサポートに焦点を当てた対策をいくつかご紹介します。

まずは、丁寧な愛情表現が必要です。バランス感覚の衰えによって不安やストレスを感じる愛犬に対して、飼い主からの愛情と理解を示すことが大切です。穏やかな声で話しかけたり、優しく撫でたりすることで、愛犬の心を安定させることができます。

また、安心感を与える環境作りが重要です。愛犬が安心して休息できる場所を提供しましょう。快適な寝床や静かな場所を用意し、日中の安全なスペースを確保することで、愛犬のリラックスを促すことができます。

さらに、日常生活でのルーティンを整えることも愛犬の心理的な安定に役立ちます。シニア犬は予測可能な環境を好みますので、食事や散歩などの日常の活動を同じ時間に行うなど、規則正しい生活リズムを作ることが重要です。

また、ストレスを軽減するためには、シニア犬との特別な時間を大切にしましょう。愛犬との絆を深めるために、穏やかな散歩やリラックスできるマッサージなど、愛犬が心地よく過ごせるアクティビティを取り入れましょう。

心理的なサポートは飼い主の愛情と配慮によって提供されます。穏やかな経験と安心感を与えることで、シニア犬の心の健康をサポートしましょう。愛情とケアを通じて、愛犬が幸せで快適な老後を過ごせるように支えましょう。

カリキュラムの重要性

感覚の衰えに対する適切な対策と共に、一日の過ごし方の管理も大切です。

シニア犬の一日

シニア犬の一日は適切な管理が重要です。適度な運動、栄養バランスの取れた食事、十分な休息時間の確保などがポイントです。

まず、適切な運動を提供しましょう。シニア犬には無理のない程度の運動が必要です。散歩や軽いストレッチなど、筋力や関節の維持に役立つ活動を取り入れましょう。ただし、時間や強度を調整することが重要です。

次に、栄養バランスの取れた食事を提供しましょう。シニア犬の消化器官や代謝が変化するため、適切な栄養素とバランスの良い食事が必要です。老犬用のフードや添加物の少ない自家製食など、愛犬の健康状態に合わせた食事を与えましょう。

また、十分な休息時間を確保することも大切です。シニア犬は睡眠の質や量が重要です。静かな場所や快適な寝床を用意し、愛犬がリラックスできる環境を整えましょう。短い間でも頻繁に休憩を取ることも必要です。

シニア犬の一日の管理には、日々の変化に注意を払うことが重要です。愛犬の体調や機嫌を観察し、行動パターンや食欲に変化があれば獣医師に相談しましょう。愛犬とのコミュニケーションを大切にし、愛情を持ってサポートすることで、シニア犬の健康な老後を迎えることができます。

適切なカリキュラムの作り方

シニア犬の適切なカリキュラムは、犬の健康状態と個別のニーズに合わせて構築する必要があります。散歩のペースや運動量、食事の内容などを考慮しましょう。

まずは、散歩のペースや運動量を調整しましょう。シニア犬は適度な運動が必要ですが、無理のない程度に配慮する必要があります。散歩の時間や距離を調整したり、頻繁に休憩を取ることで愛犬のペースに合わせた運動を行いましょう。

次に、食事の内容を考慮しましょう。シニア犬は消化器官の機能が低下しているため、食事の量や栄養バランスに注意が必要です。獣医師のアドバイスを参考に、老犬用のフードや自家製食など個別のニーズに合わせた食事を提供しましょう。

さらに、精神的な刺激も大切です。愛犬とのコミュニケーションや遊び、トレーニングなどを取り入れることで、愛犬の心の健康をサポートすることができます。ただし、疲れすぎないように気を付けましょう。

シニア犬のカリキュラムには日々の変化や個体差を考慮することが重要です。愛犬の健康状態とニーズに合わせて適切なカリキュラムを作り、獣医師との相談を通じて最善のケアを提供しましょう。適切なカリキュラムによって、愛犬の健康と幸福をサポートすることができます。

まとめと最後に

シニア犬の感覚の衰えは避けられませんが、手を差し伸べることで改善できます。

愛犬との接し方

シニア犬との接し方は、丁寧なコミュニケーションと環境への理解・対策が重要です。愛犬の身体状態や感覚の変化に敏感に対応しましょう。優しい声と穏やかな態度で接し、日常生活の中で安心感を与えるよう心がけましょう。また、愛犬の健康状態や行動の変化には敏感に対応し、必要な支援や獣医師との相談を行いましょう。愛情と理解を持って愛犬と向き合うことで、質の高い関係を築きましょう。

日々の改善

シニア犬の日々の改善には、飼い主の積極的な取り組みが不可欠です。定期的な健康チェックや獣医師の診察を通じて愛犬の健康状態を把握し、必要なケアや対策を行いましょう。また、日常生活の中で愛犬の感覚の衰えに配慮することや、運動量や食事の内容の調整を行うことも重要です。さらに、新たな情報やケア方法についても常に学び、愛犬の幸せと健康に向けて日々改善を図りましょう。愛犬との絆を深めながら、積極的なケアを続けることで、シニア犬が良質な生活を送ることができます。

Dog care house ふみちゃん家

ロゴ

埼玉など、千葉周辺にお住いの飼い主様にも老犬ホームをご利用いただいております。高齢で面倒を見れなくなった、出張で家を長期間空けるから預かってほしいなど、さまざまなご要望にお応えいたします。

Dog care house ふみちゃん家

〒270-0225

千葉県野田市平井188-19